スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【「次発装填、再突入!」アレンジ】Through The Crossfire And Torpedoes~他力本願~

気分はもうイケメン



イラストはPECTONGさん。

5/3 都産祭 砲雷撃戦 H-13 でCD発売。この曲も収録。

まずは新曲から。
次発装填をイケメンアレンジしました。

パロディ元はあのピロピロ名曲、Through The Fire And Flames

続きは追記で

もう二度とこんなの弾くかよこの野郎

どれだけ地獄だったか。
極限まで行くと物に当たってしまうことがあるんですが、お陰でテンキーがぶっ壊れました。


~素敵な思ひ出~
・2:35 これはMorleyのような、足を離しただけでスイッチが切れるワウペダルでないと切り替えが難しいです。
・2:58 ラン奏法で誤魔化す英断。締めのノンピッキングレガートはタッピングにスライドを織り交ぜて
・3:20 前半はアドリブ。後半はこの日のために中古で買ったワーミーの出番。
弾いてみた系の動画は山ほどあるけど、このワーミーを踏んでいる映像は無く、はじめはもうどうしたらいいか分からなかった。
てなわけで、参考として残しておきました。ポイントは「0か1か」しかない踏み方。
・3:39 これをハモらせるのは不可能と思っていたけど、頑張れば何とかなった。
とにかくピッキングとタッピングの切り替えを意識するしかないです。
最後のハーモニクスを鳴らした瞬間、アーミングをしながら左手を即座にハイポジションへ。
兎に角、弾いている最中は常に数小節先の譜面が頭にないとまず無理です。
・3:49 ほたーるのーひかーありー。ここはドラフォが用意したボーナスステージです。好きに弾く。
・4:09 ただフレーズをなぞるだけ。終盤は6弦ルートのマイナースケールを下に拡張したポジションで、非常に合理的。
・4:18 ここもタッピングへの切り替え。終盤の3弦スウィ―プは慢心ダメ。あと最後はピックタッピングで。
・アウトロ クリケット奏法?とか言うやつ。アームアップしたら、そのまま手を離すとバネによってブルンブルン振動する。
それと同時に実音を左手のハンマリングで鳴らし、振動した音を持続させながらスライドダウン。
勿論、その後に来るフレーズも頭の中に置いとかないと死ぬ


……お分かり頂けただろうか?
これはただのスポーツです。
スポンサーサイト
[ 2014/04/30 00:25 ] アレンジ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yellowsquadron.blog129.fc2.com/tb.php/40-40d2d207








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。